ロスカットは投資をするうえでも守るべきルール

ロスカットこそ、まずは投資初心者が積極的に学んでいくべき事かもしれません。最近では多くの方が個人的な投資を行っていく中で利益や損失を計上しています。
ロスカットは大変重要な投資の手法です。これが下手だと折角上げた投資の利益もあっという間に損失を計上してしまう可能性があるのです。

ロスカットは機敏に行っていかなければならないとはよくわかってはいますが、中々それは行えないのが現実ではないでしょうか。
多くの方は投資を円滑に行っていくために日々合理的な売買を行なう事を考えています。このような方は自分の投資に関して合理的な判断をどんどん行っていくべきです。

利益をあげるのが投資の当然の目的ですが、それに眼を奪わていては中々合理的な投資判断や売買を行っていくのは難しいです。投資をもっと円滑に行っていくにはいかにロスを少なくして、利益を定期的に積みましていくかが大変重要な考え方となるのです。自分の好きな投資を長く楽しんでいくためにどんどん多くの事を学習していきましょう。
しかし、中々ロスカットができないのが投資家に悲しい性なのです。

投資は最後は自分のメンタルです。
どんなに知識をつけても最後は自分のメンタルとの勝負なので、普段から合理的な投資をどんどん行っていく習慣をつけましょう。これは訓練です。
株式や金融商品の値動きは非常にロジカルなので見ているだけでも楽しくなっていきますがやはり最後は自分のメンタルが物をいいます。後悔先に立たずという
格言や頭と尻尾はくれてやれの考えのもと早急なロスカットが次へのチャンスにつながっていくのです。

失敗すると人間はいつかはその株価が戻すと思いますが、塩漬けな機会費用の観点からしても利益を生まない無駄な投資なのです。利益を生まない銘柄はどんどん処分していく事が大変重要な事なのです。

ナンピン買い等も買い下がりは時に無駄な塩漬けとなります。
何年も長期保有する覚悟があれば構いませんが、その間にも相場は流動的で予想もつかない変化をします。
常に動き続ける時代の中で、機敏な判断が要求されるのが最近の相場です。自分で常に高いレベルでの関心をきちんともって相場にあたっていく事が大変重要です。

精神的にも損は早目に切るのが合理的です。
投資をもっと合理的に行なう習慣をつけていきましょう。相場の世界は常に精神鍛錬の場所でもあるのです。心技体の一致が求められます。